NEWS お知らせ_

2006.05.12

私の指定銘柄

 (社)全国学校栄養士協議会(以下、全学栄)は、各支部及び各賛助会員メーカーの開発製品のうち、学校給食に推薦できる製品を「全学栄すいせん製 品」と指定し、全国の学校栄養士に推奨している。成田食品の「ベストモヤシ」の4kg業務用パック「ベスト4」は現在66製品ある中のひとつで、高品質と 使い勝手の良さで、給食関係者から絶大な支持を得ている。ベストモヤシが「全学栄すいせん製品」に至った経緯を、同協議会の田中信名誉会長に伺った。

◆ベストモヤシは野菜の切り札

 ベストモヤシとの出会いは7~8年前、都内の某有名デパートでした。デパートの食品売り場といえば1流品が並ぶ場所。昔は八百屋で桶の水にひっ たって売られていたように庶民的印象のモヤシが、周りの一流野菜にひけをとらず、ピシっと袋に入って並んでいるのに興味を引かれ購入しました。
 早速自宅で調理し、食べてみて驚きましたね。余分な水が出ず、シャキシャキとした歯ごたえがある。根が切ってあるので調理中に絡まらず扱いやすい。なにより驚いたのが日保ちの良さ。一週間、数回に分けて使ってもビクともしない。

◆高品質、日持ち抜群、使い勝手良し

モヤシは安価でありながら、ビタミン、ミネラルを含む栄養価の高い食材。しかし、根が絡まって扱いにくい、切って使うと水分が出て料理がダメになってしまうなどの理由で、大量調理の学校給食では、あまり使われて来ませんでした。
 そういった従来のモヤシのイメージを覆すベストモヤシの品質に、学校給食での利用価値を見出し、理事会のメンバーとともに福島県相馬の成田食品さんの工場を視察しました。
 先ず、大型生産設備と徹底した管理体制に驚きましたが、なんといっても社長の「水の良さを第一に相馬の地で創業しました」という言葉で、品質の良さを確信しました。
 私どもは、必ず実際に目で確かめてから判断します。国内外を問わず、たくさんの地を視察してきた経験から、水が安全ならその食物はまず安全と言ってよい。安全と品質確保の基本は水なんです。

◆給食ユーザーの支持絶大

ベストモヤシが「全学栄すいせん製品」になった後、モヤシが栄養士の間で見直され、いまや学校給食になくてはならない存在になりました。 ホウレンソなどの葉野菜は天候に大きく左右され品質が安定せず、価格も暴騰するのに対し、モヤシはベストモヤシのような高品質の“姿勢正しいモヤシ”が一 年中安定供給されています。食材が暴騰しても給食費を上げるわけにはいきませんし、給食の質も落とせませんからね。特にここ数年、安定しない日本の気候下 では、ベストモヤシは非常に役立ちました。

◆シャキッとした食感、子供達も大喜び

もちろん野菜素材としても優秀です。臭いやクセがなく、和洋中いずれの調理にもマッチします。また、子供達はグニャっとした野菜の食感が苦手。ベストモヤシの食感はシャキシャキなので、子供達も喜んで食べます。
 最近試食したベストモヤシを使った餃子とチャーハンは、絶品の味わいでした。モヤシは古くて新しい野菜、まだまだ未知なる可能性を秘めていると感じましたね。
安価、安定供給の面では、輸入野菜や冷凍野菜も考えられますが、安全、品質を実際に目で見て確認できていないものは全学栄では推薦しませんし、現場でも安 易に使用しません。安全面もさることながら、国産の野菜を守るためにも、食育のためにも“地産地消”が大前提なんです。
 学校では、給食の献立を指導教材にすることになっています。素材や生産工程を見せるなど方法は様々ですが、モヤシをどのように教材に取り入れるかが今後の課題です。成田食品さんと協力すれば、何か面白い企画が実現できるでしょう。
 なにより、ベストモヤシの登場で、モヤシ市場全体の品質が向上したと感じています。成田食品さんには今後も、モヤシ市場全体の底上げ、品質向上の牽引役を担っていただきたいですね。それが、子供達の食の質向上にも繋がるわけですから。モヤシ革命を期待します。

社団法人 全国学校栄養士協議会 プロフィール

 昭和36年、「全国学校栄養士協議会」設立。昭和49年、文部大臣より認可され社団法人となる。児童及び生徒の体位の向上及び栄養改善を目標とし て、学校給食の振興並びに学校給食の栄養に関する職務に従事する栄養士(学校栄養士)の資質の向上を図ることを目的としている。会員数9884名(平成 17年度)。

(社)全国学校栄養士協議会
名誉会長 田中信 氏

「ベストモヤシ」 モヤシの歴史を変えたモヤシの王様

  モヤシの歴史を変えたといわれる「ベストモヤシ」は、「モヤシの活用範囲を広げてほしい」という消費者の要望から生まれた緑豆モヤシ。(1)ヒゲ根がないので調理しやすい(2)極太で見栄えが美しい(3)日持ちと歩留まりに優れる(4)クリスピーな食感でおいしいなど、従来のモヤシとは一線を画し、モヤシの新たな市場を切り開いた。
▽規格=300g袋、業務用4kg袋、1kg袋