NEWS お知らせ_

2007.12.27

相馬ビニールハウス完成/成田食品、無農薬野菜生産へ

 新規事業用農地として取得した相馬市磯部地区で来春、葉物野菜を中心にした無農薬野菜の生産、販売を計画している成田食品(相馬市、佐藤義信社長)は20日までに、一期工事として同地区約2万平方メートルの敷地に約6千平方メートルのビニールハウスを完成させた。

 生産した野菜は、袋詰め野菜として販売する。同社はこれまで、外部から調達した材料などでカット野菜を販売していたが今後、自社生産することで安全性と鮮度の向上が期待できるとしている。

 新規の野菜生産は、ハウス栽培と露地栽培を計画。ハウス栽培は今回完成したビニールハウスで、防虫対策などを施した24時間管理体制によるサニーレ タスやカラシミズナなど6種類の無農薬野菜を生産する。露地栽培では今後、同社のモヤシ生産で出たモヤシくずや野菜くずなどを集めた有機肥料を活用、土づ くりの段階から環境に優しい野菜づくりを目指す。

完成したビニールハウスと無農薬野菜の生産、販売を開始する成田食品の佐藤社長