NEWS お知らせ_

2007.03.13

成田食品 無農薬野菜生産

 モヤシの生産量日本一を誇る成田食品(相馬市、佐藤義信社長)は、新規事業として今秋にも葉物野菜を中心にした無農薬野菜の生産を開始する。8日までに新規事業用農地として同市磯部地区の土地120万平方メートルを取得した。

◆袋詰め原料に、安全性向上

 生産した野菜は、同社が現在販売している袋詰めカット野菜の原料などに使用する。同社は、これまで外部から調達していたカット野菜の大半を自社生産することで安全性と鮮度のさらなる向上が期待できるとしている。

 取得した農地で行う新規の野菜生産は、ハウス栽培と露地栽培の2つを計画。ハウス栽培は、一基工事として約2万平方メートルの敷地にビニールハウス を建設し、今秋にも防虫対策などを施した24時間体制によるミニホウレンソウ、サニーレタス、ルッコラ、チコリーなど十数種類の無農薬野菜の生産を開始す る。

 露地栽培では、地元農家と新たに農業生産法人を設立し、農地約10万平方メートルを造成する。同社のモヤシ生産で出たモヤシくずや野菜くずなどを集めた有機肥料を活用し、土づくりの段階から、環境にやさしい野菜作りを目指す。生産する野菜は今後、市場との協議で決定する。

 同社は今回の新規事業に向け、昨春に同社工場敷地内にビニールハウスを建設、各種野菜を試験的に生産し、データ収集を図るなどの準備を進めてきた。

 佐藤社長は「今後とも環境と安全性を第一に考えた商品づくりに取り組んでいきたい」としている。

新たに無農薬野菜の生産に乗り出す、成田食品の佐藤社長