NEWS お知らせ_

2006.11.15

モヤシの歴史を変えた“根切りモヤシ”

 モヤシ製造の最大手成田食品(株)(福島県相馬市、電話0244・36・7777)は創業以来、モヤシの商品開発に取り組んできた。その中でも、 「モヤシの歴史を変えた」と言われる「ベストモヤシ」は、消費者の声から生まれた緑豆モヤシだ。日保ちがしない、ヒゲ根をとるのが面倒など、従来のモヤシ に対する消費者の不満を解決するため、“根切りモヤシ”を実現した。
 原料は、発芽率、耐性など多くの試験の末、中国のある一部地域で生産される緑豆に限定し、さらに手選別で吟味している。2年間の試験栽培と膨大な データの収集・分析によって、昭和63年2月、最初の「ベストモヤシ」が誕生。その後も改良を重ね、根取り率90%以上を実現している。

 「ベストモヤシ」の特徴は、(1)日保ちが良い(2)歩留まりが良い(3)ヒゲ根が処理されているので調理しやすい(4)太く美しい(5)シャキシャキの鮮度感など。

 調理現場でも「加熱してもしおれずシャキシャキとした食感があり、ボリューム感のある料理に仕上がる」と人気は絶大。また、天候に左右されず品質、 価格、出荷が通年安定しているのも外食、中食産業にとって魅力だ。現在、業務用の「ベスト4」は、(社)全国学校栄養士協議会の「全学栄すいせん製品」に 指定されるなど、各方面で品質の高さが認められている。

▽ベストモヤシ200g、ベーコン(または金華ハム)20g、紹興酒、鶏がらスープ、塩、コショウ、水溶き片栗粉、サラダ油…各適宜。

〈商品概要〉
業務用4㎏パックの「ベスト4」、1㎏パックの「ベスト1㎏」。

〈モヤシとベーコンの炒めもの〉