NEWS お知らせ_

2006.08.23

根切り仕上げもやし発売

◆来月1日から鍋セット5種類

 モヤシ生産の最大手・成田食品(本社・相馬市)は11日までに、モヤシの根を90%以上取り除いた「根切り仕上げもやし」を発売した。
モヤシの根を切ることで食感がさらに良くなるほか、日持ちも向上する。見栄えを重視する若い消費者をターゲットにした商品で、定価は設けていない。

 また、9月1日から5種類の鍋セットを売り出す。野菜を「自分が食べたい分だけ購入したい」という消費者からの要望に合わせた商品。1パック2-3人前で、キムチ、きのこ、よせ、水菜、モツの各種類がある。
 同社は機械メーカーとタイアップし、モヤシの根を切り取る独自の機械を使用して「根切り仕上げもやし」の製品化に成功した。

 佐藤義信社長は「今後も鮮度、品質にこだわり、消費者のニーズに応えていきたい」と話している。

「根切り仕上げもやし」をPRする佐藤社長

9月から販売する5種類の鍋セット