GAP(農業生産工程管理)

Good Agricultural Practice(農業生産工程管理)GAPとは、農産物(食品)の安全を確保し、より良い農業経営を実現するため、農業生産において、食品安全だけではなく、環境保全・労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組です。

成田食品では、青果物の生産を通じ持続可能な農業と食卓をつなぎます。

  • 本社工場

  • 栃木工場

  • 岐阜工場

  • 本社工場
  • 栃木工場
  • 岐阜工場
  • 各商品においてもJGAP認証農場で育てた野菜を積極的に使用しています。

    もやし

    • 成田もやし250g

    • ベスト4

    カット野菜

    • にらもやし220g

  • 各商品においてもJGAP認証農場で育てた野菜を積極的に使用しています。

    もやし

    • 成田もやし250g

    • ベスト4

    カット野菜

    • ミックスもやし300g

  • 各商品においてもJGAP認証農場で育てた野菜を積極的に使用しています。

    もやし

    • 成田もやし250g

    • ベスト4

    カット野菜

    • 野菜ミックス250g

FSSC22000

Food(食品) Safety(安全) System(システム) Certification(認証)FSSCとは、消費者に安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムです。国際規格であるISO22000をベースにより確実な食品安全管理を実践するための仕組みです。成田食品では、全工場でFSSC22000の認証を受け、日々安心・安全な商品の提供に努めています。

成田食品では、消費者に安全な商品を安定的に供給するために
全工場にてFSSC22000の認証を受け商品の生産に取り組んでいます。

  • 本社工場

  • 栃木工場

  • 岐阜工場

SDGs

地球環境への万全な配慮

成田食品では、資源の再利用を積極的に進めています。製品とならない野菜くずなどの残渣は家畜のえさや畑の肥料に、工場で使用された水は農業用水に再利用しています。

安心・安全なレシピ

GAP、FSSC22000に準拠した商品で作るレシピをご紹介します。

レシピをもっと見る

成田食品は自然の恵みを活かし、
安全で新鮮なおいしさを
追究してまいります。

ページトップへ戻るボタン